PC紹介 for ソード・ワールド2.0

 ソード・ワールド2.0のセッションにおいて使用されたPC(プレイヤーキャラクター)を紹介します。

時津風亭の冒険者(仮)編(GM=ISA)

アルフリード=ヤシャスィーン

プレイヤー:ござる
種族:ナイトメア(人間:女)
職業:グラップラー/スカウト/コンジャラー その他諸々

シェパード=ロシュ

プレイヤー:ZERRA
種族:人間(男)
職業:ソーサラー

シャーミアン

プレイヤー:Exile
種族:エルフ(女)
職業:フェアリーテイマー/セージ/シューター その他諸々

マッタギー・ノ・ヨサーク

プレイヤー:キャプテン
種族:ドワーフ(男)
職業:マギテック/シューター/レンジャー

 ザルツ地方に聳える神へのきざはしの麓に住むドワーフ族の族長の息子。
 かつて、大破局以前に存在していたファルブレイム山脈の麓にあったとされる、ドワーフ王国の王族の末裔だと主張している。
(マッタギー曰く、お婆ちゃんが言っていた・・・)
 エルフと大恋愛をしたが種族の壁を越えられず両者は引き裂かれることに…
 その後行方不明になった彼女を探す為に村を飛び出し冒険者となり今に至る。
 常に彼女が描かれたカメオ(性格にはインタリオ)ブローチを肌身離さず持ち歩いている。
 家族構成は両親と妹とお婆ちゃんだが、現在判っているのは妹の名前がキッコリーであることのみ。

ミュール=アルクイン

プレイヤー:かばちゃん軍曹
種族:ドワーフ(女)
職業:ファイター/プリースト

レイニー・サウンド

プレイヤー:ホワイト伍長
種族:人間(女)
職業:スカウト/フェンサー その他諸々w

 生れ付いての旅人であり、旅がしやすいように男装している。
 どういう訳か1ゾロが多い上に、平均ダイス目が5前後と恵まれず、達成値を技能を持っていないPCの出目に越される現象が稀によくあるため(笑)、「不幸だー!」が口癖となりつつある。

王国アルトリアを継ぐ剣(仮)編(GM=ござる)

シーウォル

プレイヤー:ホワイト伍長
種族:人間(女)
職業:ファイター/レンジャー/エンハンサー

 “生まれ表”は『傭兵』だったが、何故か親は王位継承権を持つ王族の末席だったw
 また、不器用に生まれたため、少しでも攻撃を当てやすいメイスを主武装としてチョイスしたが、GMの鬼のダイス目に阻まれ、攻撃はかすりもしなかった(涙)
 そのため、早くもパーティー内から“役立たず”と言われてしまったため、今はただひたすら名誉挽回が出来る日が来ることを願い、耐える日々を送っているw

トランジスタ

プレイヤー:Exile
種族:ルーンフォーク(男)
職業:マギテック/シューター/スカウト

 王族シーウォル(伍長のキャラクター)の御目付け役として旅立つことになる。
 シーウォルの親がご主人様(ルファース・バウンス・リーゼンブール)で、同型ルーンフォーク女性 マグネトロン 略称 マグネ がいる。

スィーフィーア

プレイヤー:ZERRA
職業:コンジャラー/セージ
種族:タビット(雌)

※なぜか性別をGMが取り違えていた、幸薄い賢者の卵!?

リオーネ・マトー

プレイヤー:ISA
職業:プリースト(ティダン)/ファイター/アルケミスト
種族:リルドラケン

モリン・ホール

プレイヤー:キャプテン
職業:ファイター/ライダー
種族:人間(男)14歳

前回まで使用していたキャラは遠い世界に旅立った、と言うことにして(笑)
セズウィック村編に向けて作り直したキャラ。 

ソード・ワールド・オンライン編(GM=Exile)

楓(かえで)

プレイヤー:ござる
種族:人間(女)
職業:フェンサー/スカウト

 このゲームをやるきっかけは、SWOのシステム開発を担当した父親に、ゲームモニターを頼まれてたからであった。
 しかし、そのテスト版で戦っていたとあるプレイヤーの剣技に魅せられ、もう一度“あの人”に会いたいと思って、製品版を親に頼んで買ってもらった。
 製品版を始める前に幼馴染の男の子に告白されたが、ゲーム内にいると思われる“あの人”にもう一度会ってから気持ちを確かめたいと思い、返事を待ってもらったものの、デスゲームと化したSWOへと囚われてしまう。
 なお、製品版を始める際に、β版装備を持ったままゲームを始めてしまったため、ゲーム管理者(GM)から呼び出しを受けてしまい、『GMの呼び出し第一号』として一躍有名人となった。
 そのため、β版からの知識と経験を独占している者を快く思わないプレイヤーからは『ビーター』と罵られる事がある。
(著:伍長)

野上 共鳴(のがみ ともなり)

プレイヤー:ISA
種族:グラスランナー(男)
職業:シューター/バード

 大学受験の最中に、とある人物にだまされて新聞沙汰に巻き込まれる。
 その事件が元で大学への推薦は取り消しになり受験は失敗し、やる事がなくなったため旅にでようかと計画するだが、リアルでの旅をしたことがなかったのでオンラインゲームの旅に出てみようとSWOへログオンしたところ、デスゲーム化したSWOへ囚われる。
(著:伍長)

稲葉 姫子(いなば ひなこ)

プレイヤー:ZERRA
種族:ルーンフォーク(女)
職業:ファイター/セージ

 現実世界では、ナーヴギアを利用した仮想体験関連の開発の末端を請け負っている会社に勤務しており、この仕事を始めたきっかけ(元凶)は、近所のSEだった。
 8つ程、歳が離れている近所のSEに恋心を頂いていたり、いなかったり?
 さらには、技術者としては尊敬しているが、社会人としては生活不適合者と捉えているなど、SEに対する感情は複雑w
 末端とはいえ自分達が関わったモノを体験しようとして、SWOから帰還できなくなる。
(著:伍長)

リロアンド・スティッチズ

プレイヤー:キャプテン
種族:タビット(男)
職業:ソーサラー/コンジャラー

 指定暴○団稲葉会直系の東方組の若頭。
 …しかし、ファンシーグッズが大好きで、種族としてタビットを選択したのも、その趣味が高じてだと思われるw
 口癖は「うーさっさっさ」という笑い声。
(著:伍長)

ニーダ・ブレンネン

プレイヤー:ホワイト伍長
種族:エルフ(女)
職業:プリースト(グレンダール)/グラップラー

 現役女子大生で今までゲームで遊んだことがなく、ナーヴギアも興味本位で購入し、適当に始めたに過ぎなかったSWOへ囚われの身となってしまった。
 基本的に自分の事にしか興味がなく、面倒事は他人任せにする。
 なお、何の知識もなく始めたド初心者であるため、操作に慣れない最初の頃は何かと失敗が多く、他者からは『死神』と呼ばれ、厄介者扱いされていた。
(著:伍長)


城塞都市戦記編

“竜の乗り手”エステル・レイズクロフト

プレイヤー:ござる
種族:人間(女)
職業:ファイター/ライダー
 14歳の時に蛮族の襲撃に遭い両親と死別して騎士たちに助けられる。
 その後、街の人達を守るために騎士団へ所属し実戦経験を積んでいった。
 活発で男勝りな性格をしており、将来は立派な騎士なることを目標にしていることもあり、頑固な一面を持つ。
 昔はペガサスを駆り『天馬の乗り手』と名乗っていたが、半年前の戦いで戦果を挙げ、“竜騎王”リータス19世から褒美として幼竜(ドラゴンインファント)を与えられてからは『竜の乗り手』を名乗っている。

カーリム・ナウファル・アクラム

プレイヤー:キャプテン
種族:グラスランナー(男)
職業:グラップラー/スカウト
 好奇心旺盛なグラスランナーの少年、貧民窟を根城にしていたため幼少時から様々な悪事を覚えるが本人には悪事という意識は皆無。
 そんな中、貧民窟の子供たちに読ませるために盗んだ「義賊 ジェロー・キッチの物語」と言う本に影響を受けて義賊を志しバークニラーツの上流階級及び富裕層の邸宅へ度々進入しては盗みを働き、貧しい人々に分け与えていた。
 しかし、ある時それまでの盗みに飽きてしまい、国王の寝顔に落書きをして国中を驚かそうと思い、王宮に忍び込み国王の寝所までたどり着くが発見され捕らえられてしまう。
 これが生まれて初めての失敗であった。
 しかし、国王から王宮へ侵入した手管を高く評価され、恩赦の代償として騎士団に加担するよう命令され渋々従軍している。

“紅の神官騎士”ギル

プレイヤー:Exile
種族:人間(男)
職業:ファイター/プリースト
 蛮族に襲われ家族(妻・娘)を失い守る力を手に入れるため司祭の位を返上し神官戦士として戦場を渡り歩き今の騎士団に落ち着く。
 蛮族を滅ぼすと誓いを立てており、蛮族の返り血を浴びながら戦う姿から二つ名がついた。

ミッキーノ=F=カドラ

プレイヤー:ISA
種族:タビット(男)
職業:フェアリーテイマー/エンハンサー/セージ
 幼い頃は神童として知られていたが、両親は自分たちの研究に没頭し、家庭をかえりみない性格だった為、愛されずに育つ。
 その後、ミッキーノはフェアリーテイマーの師匠の元へと預けられてバークラニーツの書生として暮らしていた。軍へは出向という扱いでの参加している。

“左利きの魔女”グロリエ・デル・アルマダ

プレイヤー:ZERRA
種族:ルーンフォーク(女)
職業:マギテック/シューター


  • 最終更新:2012-01-24 02:05:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード