エレノアの街概要

エレノアの町概要

・円形に発展、広がっている町である
・人口は約1万5千人 守りの剣は2本

急激に発展したエレノアは守りの剣が不足している町でもある。
樹海への入り口がある街だが昔は、小さな町だった。
今は町の執政院のお触れで樹海への探索が公に行われており
そのため王国の第二都市に発展するほど大きな町になった。
だが急激に人口と経済成長した為、治安が悪化している。
町の北東部の高台には経済的成功者や身分の高い者が住む高級住宅街
中央には町の行政区を備え西部には樹海の迷宮の入り口と賢者の学院エレノア分校があり
また東から南東部に住宅街、また日当たりの良い南側には、麦畑や果樹園等が広がっている。

冒険者の宿 暁の天響(天驚)亭

シーウォルたちが在籍する冒険者の宿で、マスターがアルトリアに名を馳せた元冒険者。
剣の迷宮と樹海のかなり奥のほうまで歩を進めた探索者であったが
過去の蛮族との戦争や冒険者仲間4人との死別により引退した。
新人の冒険者に体を張ったアドバイスや仕事を依頼するなど、今では好々爺の親父であるが
朝方に冒険者達をを起こす声は天に響き天の神々をも驚かす声であるといわれている。

賢者の学院 エレノア支部

賢者の学院の支部、マギテックやアルケミストなど魔動機文明のものに加えて
樹海から発見された魔法文明時代のものと思われる遺跡の研究が盛んで
この分野では王都の学院を超えているため各魔法に関するギルドも統括している。
リオーネとイルメリアがアルケミスト学科に在籍している。

エレノア駐在騎士団

蛮族への防衛や討伐、未開拓・未開発地域の探索から
エレノア内の治安維持、防災活動まで幅広くこなす組織である。

エレノア駐在騎士団構成人員は以下のとおり
団長1名 副団長2名 分団長7名 副分団長15名 
保安官(部長109名 班長106名) 団員1543名 合計1783名

「アルトリア王国の正式な騎士」が団長・副団長・分団長として王都から派遣されているが
副分団長はエレノア市民からエレノア内の区域ごとに選出されていて、
各区長または有力者が担当していることが多い。
保安官(部長と班長)は駐在騎士団に正式に雇用されている市民で、
彼らまたは彼女らは主に、エレノア内の保安官として日々活動している。
○長と付いてはいるが基本的には部隊を率いる権限は無く、
あくまで一般団員との区別のためのものだが分団長(または副分団長)の指示と許可を得て
一般団員を率いる権限を有することもある。
また近年人口が急増しているエレノアにおいては
保安官(部長・班長)などの構成員には、手っ取り早く市民権を得たいという流れ者や
腕に覚えのある荒くれ者、果ては食い扶持稼ぎのためだけなど
理由も様々な者が混ざっていて士気と錬度は玉石混交らしい。
団員はその多くが市民権を得ている一般市民の公募登録によって構成されている
これら一般団員は登録を強制されているものではないが、
一般団員の活動は主に各区域ごとの防災や治安活動、路地や用水路の清掃から
農耕地の夜警など日常生活に深く関わっているため青年~壮年男性を中心に結成されている。

  • 最終更新:2011-04-17 10:10:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード