アルトリア王国概要

アルトリア王国

・国家の総人口 約12万人
・王都 ノース  国教 太陽神ティダン

テラスティア大陸の東端に位置する王国。
王都にして最大の都市ノースは街道を東西に通じ、
古くから生活の場としてきた東部の大きな緑地帯と
近年に栄え始めた西部の深い大渓谷を結んで賑わいをみせている。
大きく東西南北の四地方に分かれていて、地方最大の都市の名前をもって
○○地方と呼ばれている。

王国北部 ノース地方

王都があるノースに政治と軍事などの主要な機関は一極集中している
国立中央図書館、賢者の学院などもあるアルトリアの中枢都市である。

アルトリアの魔剣伝説

王都近郊には初代国王の墓が在るが現在は魔剣の迷宮になっている。
その最深部には“この剣を引き抜きし者は王たる資格を持つ者なり”
との銘を持つ魔剣が存在するが、深奥へ辿り着ける事も稀で
初代国王の死後歴代の王家の者をはじめ未だ引き抜けた者は現れていない。

王国東部 ユースウィル地方

東部最大の都市はユースウィル。
肥沃な草原が広がる土地があり、酪農と農業の盛んな地方
シーウォルの故郷リーゼンブールも存在する。

リーゼンブール村

牧羊が盛んな小さな村。春には村の中心で春の羊祭りが開催される。
1回目のセッションで村の人口は約5百人と語られている。

ティダンの足跡

ユースウィルには国教の太陽神ティダン信仰の始まりとされる聖地がある。
その逸話はかつて蛮族との戦争で時の大司祭がコールゴッドにより
蛮族の進行を止めた際にできたもので足跡の形の大きな穴のことを指す。

王国西部 エレノア地方

西部最大の都市エレノアはアルトリア第2の人口を誇る
急速に発展したエレノア以外は貧しい小さな村が点在している。

西の大渓谷

大破局の際に出来たといわれるこの大渓谷の断崖や岩肌には
赤、黄、茶色などそれぞれ微妙に色が違う何段もの層ができていて
炭鉱や石(大理石)鉄鉱などの採掘が主だった産業であったが
巨大な大地の裂け目の中に広がる地下樹海が発見され、
執政院から樹海探索のお触れが出されたことで多数の人が一攫千金を夢見て街を訪れ
急激に大きな都市へと発展してきた。
しかし、マーリンを除いて誰も樹海を踏破することができなかった為、
彼に続けと富と名誉を目指す者が東の門からエレノアにやって来て
西の門から大渓谷へ向かって行く姿が絶えないが、西の門から帰ってくるものは少ない。

エスト村

第3回セッションの舞台となった村。
ノースとエレノアを結ぶ街道沿いから少し外れた森にあり、エレノアから馬車で行ける。
蛮族に襲われ、村民は村の裏山にある廃鉱となった鉱山で
蛮族の前線基地を作るために働かされていた。
プレイヤー達の活躍により村は開放されたが第3回セッション終了後のエピローグで
蛮族の報復攻撃にあい村は壊滅するものの、幸い村民は無事エレノアに避難する。

  • 最終更新:2011-08-21 22:04:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード